落ちこぼれ修士(卒)のこぼれ話

マンガ・アニメ・ゲームから科学的なことまで、国立大学の理学修士卒の落ちこぼれ修士の雑記用ブログ

概要

大学院卒業したけど無職→契約社員として転々している、落ちこぼれ修士卒のこぼれ話を書くためのブログ
っていうか、マンガ紹介とか、そういうのに便乗したいから、作った。

History

2015年、大学院を卒業した私に待っていたのはノーカラー、無職であった。
それもそうである。
特に勉強を頑張ったと言えるほどの成績でもなく、研究で何か成果をあげたわけでもない。
どこがこんな人材を雇おうか、自分でも疑問である。
しかし就職しなければならない。
博士の惨状は知っている。
薄っぺらい自己PR、志望動機、我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか。
費える貯金、交通費がないのでブッチする面接、不機嫌な親。
そして、就職できませんでした!

無職期間中は若者ハロワとかいう何かよくわからない、強みを見出してくれるのかどうかわからんところに行ったり、若者の集い的なところに行ったりしつつ、まーこんなのやってもなぁでダラダラしていた。
地方公務員試験とかもノリで受けたが面接で死亡。
そしたら親もついに怒り心頭。
片道1時間ぐらいする工場兼R&D施設の契約社員になれと。
まあね、私こう見えてもね、勉強できるんでね、この程度の就職試験は余裕で突破。
半肉体労働をし続ける日々に・・・

しかしながらここが私の強みか、開発が上手くいかない模様。
いやー私が関わるやつ全部うまくいかないね。
結局プロジェクトは販売先がなくなりそうということになり、ついに縮小。
そして契約延長なしよ。
半年で首になりましたー。

なおその間にも就職活動自体は続けるも、落ち続ける日々。
そりゃね、中身変わっていないからね、なんのファンダもないからね、存在価値~。

で、どーすっかな、と思っていたら、同じ工場内の別の会社へどう?という話が。
まあ、契約社員の身分でということですけどね。
次決まっていないしそれでいいかーと、転職。
卒業1年で、無職→リストラ→転職を味わうスーパーキャリア。

次の職場、くっそつまんねぇ。
斜陽産業ってのもあるけど、主体的なところではなく、ロボット(機械化)の代わりに人を使っているだけ。
だから転職活動し続けた。
まあね、私、仕事というか、頭いいのでね、普通に実力はあるんですよ。
上司をどう使うかという会社員スキルだけでなく、科学的な思考できるんでその点で改善を申し上げることもできるし、考察もしますし、学会発表用の要約とか書いてましたし、修論書いてますし、論文要約とか研究室でやってましたし、何なら学部で口頭発表までしてますし、人前に立って発表とか全然余裕で内心ガクガクながらもこなせますし???
実力(有給)と実力(転職活動中を公にする)を行使してました。
しかし棒にも箸にも引っかからない。
こりゃもう一周かなって思っていたところに理系専門就活サイトからスカウトメールが。
もうノリで、最新の設備とか見てこよう的なノリで受けたら、面接?ですらない雑談?で雇われる流れに。
10ヵ月で転職~~。
スーパーキャリア、築いてるね!

離れる故郷。引きこもり系なので大して思い出ないな。
こんにちは新天地。

そして新天地で働くものの、それで今後はどうするのかというところで躓く。
ほんと、今後どうするんだよ。
結局ノーファンダでフィニッシュしそう。

何かTwitterで遊んでたら仮想通貨と出会ってお金減らしつつも、基盤技術であるブロックチェーンやスマートコントラクト、思想のdecentralizedに惹かれつつ、ゆうてプログラマではないのでレイヤーとかトランザクションとかよくわっかんねえよで勉強してる。

インフルエンサーのオタクが雑記ブログ書いているので、私も雑記とか書きたいなと思ってブログ開設した次第。

History 2

年齢=恋人いない歴ですわ。
生後四半世紀は終わりもはやアラサー。
見た目がまともになったのは3年前ぐらいから。

プロフィール
id:tak-bio
ブログ投稿数
77 記事
ブログ日数
64 日
継続期間
2 ヶ月
読者
3 人 todaiog happy-megane nils00